通常の産後瑜伽5種類の月経不順の診断鑑別

2017年4月28日 by 産後瑜伽

Pは、自分にとっても、月経不順は月経不順ではないかという女性が多いという女性も多いということですが,多くの女性は.そのため、月経不順の症状の表現を理解することは非常に重要です.私たちは月経不順の診断によって、どのように診断されていますか.

1、月経の前

(いち)月経週期に早めにななしち日以上、甚だしきに至っては半余一行、連続さんの月経週期以上.月経サイクルは、月経週期、期間、更年期障害、更年期障害、更年期障害、靑春、月経週期.

p2、月経は多

1)月経サイクルは基本的に正常に、量は明らかに増加し、50ミリリットル以上、時間は7日間を超えている.(2)婦人科検査及び超音波検査、子宮筋腫などの器質性疾患を排除.血小板減少症や血液凝固メカニズム障害を排除するために月経が多くなりました.

p3、月経後期

月経サイクルが35日間、連続3つの月経サイクルが連続.生産年齢の女性(に)週期延期とは、妊娠、思春期、更年期月経後期に鑑別.(さん)は婦人科検査、超音波スキャンや気腹造影を子宮や卵巢器質性疾患.

p4、月経は過少

は月経のサイクルは基本的に正常で、量は少なく、30ミリリットル不足して、点滴はすぐ純です.この病気は(に)と妊娠相鑑別.結核による月経過少を排除することを排除する.

p5、月経は前後定期的には定期的には定期的な

1)月経のサイクルまたは前または後に、すべて7日間以上に超えて、そして3つの月経のサイクル以上.月経週期の週期は思春期、更年期月経紊乱と区別するべきだと.婦人科検査(さん)や超音波スキャンなど器質性病変を排除し,産後瑜伽、測基礎体温、膣涂片、子宮頸の粘液結晶検査を理解し、卵巢機能状況.

月経前、月経前、月経前の腹痛と全身の症状と、月経前、出血量の異常、月経前、月経前の腹痛、全身症状.月経不順の病因は器質性病変あるいは機能異常、多くの全身性疾患例えば血液病、高血圧症、肝疾患、内分泌疾患、流産、子宮外妊娠、ブドウ胎や生殖道感染や卵巢腫瘍、子宮筋腫などにもよる月経不順.月経不順の診断は、原因究明に注意して、以下の方面:

注意して病歴

に注意病歴

に注意して

を聞くまで注意<患者月経史があるかどうか,出産、止まって经史史があるかどうか、人流手術史があるかどうか、慢性病の薬を服用して史や月経に影響があるかどうかは、婦人科疾患史など.

婦人科検査

婦人科検査の注意内の、外性器の有無を特殊異常場合、多発性嚢胞卵巢症候群者、双側の卵巢に少しも増大して子宮内膜症者側あるいは双側の卵巢が増大し、嚢胞性、と子宮粘るさえ、子宮体固定後傾、子宮峡部可なでるや結節.

超音波超音波検査

の超音波検査

<>

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です