読後感《自分の産後瑜伽薔薇》読後感読後感

2016年6月8日 by 産後瑜伽

p>と<かもしれない自分の読書習慣が関係して、この本は一字一字に読み続けないので、その組版の精緻なと文字の数はそんなに多くないが、しかしこれは物語について、童話の文字に、思わずスピード落とし、一字一字に体得して、意を得ず意を用いるに読者の話を聞いて.アンデルセンの童話の世界とは違って、あまりにも多くの夢は、姫と王子の経典の型で、あるのは1種の本来の哲学思想、一種の純粋な、不純物の物語、一杯の酒醸造成長する中で、異なった段階で、品が出ないような味.自分の薔薇を探して、小さい王子と薔薇のストーリだけではなくて,私達の身の回り万事万事万物のストーリです.作者の時に佳乃心竜が言うとおり、私達はすべて小さい王子で、すべてバラです.

小さい王子が出会ったすべてのバラ、まるで私たちの生活の中の1つの小さい一部分で、1つの人生の軌道はまた同じ雲の一部分.バラの花の考え方、小さい王子はバラの生命の意義の探求、採れの意義など、同様の現れないことがある.この小王子とローズの物語は男女の感情の象徴として読むことを見ていて、私はこの小さい王子と薔薇のストーリを読む.1輪の芬なまめかしいのバラはすべて彼女の小さい王子の到来を待って、彼の採れを待って、彼女の生命の意義を得る最もすばらしいです.心愛の小王子摘み取るは一生の色で最もあでやかで、香りの最も芳香の最も芳香の美しい時、生命の最もすばらしい1刻、小さい王子の暖かい手の心の中は莫大な幸福です.小王子は最初は、ほとんどの女性が、自分の王子様に出会いたい、これから王子と王女のような夢まぼろし生活は彼らの最大の幸福、生涯の意義の体現.

王子様が探していた旅の中で、1つのバラバラガン山頂に立って乱石そばに止まった彼の旅の足音は、最終的には分かって、自分の完璧なその輪の薔薇は自分の心の中では生きてさえすれば,心理的にしても、八百万の中の距離が遠くて、心の距離はゼロ.男女の感情となら、あの完璧な愛は、永遠に自分の中に、世界は完璧なバラ、どのみちするに噛まれた、太陽がやけど焦叶ながらのバラ.追求してやっと発見して、悟って、自分で努力して探すのは心の中の自分.また、小王子は、辛い、自分を追求し続けることを恐れている

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です