早産厚別軽視「小月産後瑜伽子」は養生なす身

2016年6月28日 by 産後瑜伽

流産に母体一定以上のダメージを与え、不幸な流産後、ネットワークアーも座って月子しっかり療養、未来に体と心を準備した時に、はじめて健康な体を迎えて赤ちゃん.漢方医師は強調、流産して月子、主は子宮にしっかり養生、才能は再び妊娠する時、順調に生産することができます.

pは流産も週数日月子

としても

開業赖睿昕中医師によると、多くの女性は,流産後、時間、仕事、経済などの要素によって、十分にできない養生と休みの場合,すぐから心配と労力の仕事に従事して、この状態は女性の体の健康に大きなダメージ.通常早産産褥期時間依流産の時間だ、妊娠じゅうに週間以内に発生早期流産、かかる月子いちに週間まで;がじゅうに~にじゅう週間の間に後期流産、必要さん週間;にじゅう週間以上は提案の1ヶ月、座って養生し月子体は、体力を回復のほか、更に重要なのは保養いい子宮、自分が再出産の機会も、女性ホルモンの分泌が良い.

など体を補う必要がきれいに悪露

もし適切に処理を引き起こす恐れ流産合併症を続け、轻者出血、炎症を起こして、熱が出て、重症大出血、ショック、さらに敗血症かねない、命にかかわる.赖睿昕医師の説明、月経異常もよくある後遺症の一つで、原因は流産に子宮内膜がダメージを受け、卵巢機能への影響による、中には一部の原因は子宮内膜が掻きを子宮内膜が粘るすぎて、月経量の減少や来なくて、影響の出産後.また、流産後の一週間、下腹部の痛みがあれば、悪露ぽつぽつ、腰の痛みは、殘りの子宮内膜もきれいにしなければならないが、飲んで帖バイオスープ、悪露清潔後に食べるのがごま油鶏、ごま油豆、ごま油豚レバー、当帰経験ある人羊肉のスープ、オウギスズキスープ竜眼唐アズキのスープなどを身、体質の状況を選んで涼補や温補.

Pは長びくになって+注意して保温する

赖睿昕医師によると、母体から体力を消耗するまた出血、産後悪露も消耗する大量の蛋白質を補充する必要がので、タンパク質や鉄、ビタミンB 12の食べ物、日常生活はしっかり休み、できるだけ寝ないで、立って、長くて.重い物を食べるのを避けで、氷のように冷たくて、寒いな野菜の果実の.衣装を着て温もりだけで冷や冷たい感じ.

子宮内膜安定後には有性行為

赖睿昕医師提案女性、流産後月子のこの時間、水泳禁止、ため薬局、温泉、もし性行為ができるように、初めて月経が来て初めて、早すぎる性的行為のほうが感染、一方が子宮内膜がまだ回復が安定しており、性行動後に発生しやすい出血や腹痛、もし再び妊娠して,産後瑜伽、三ヶ月後も提案.女性にとって、流産は一定の多くの痛みと痛みを持って、しかしすでに発生した以上、体をよく養って、次の赤ちゃんの来ることを期待します.<>

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です