愛に行産後瑜伽く

2016年4月14日 by 産後瑜伽

に足を踏み入れない予定の道のりに遠くまで、
くねくねと旋回して目の前にずっと靑い山に上り、涼しい風に吹かれて
都市騒動が走行高山の上に
遠くに、山はまだ山.山は山で、またじゃない.

Pは新鮮な空気と靑空の天国に浸っている天国で私たちは親友のおばあさんの家の前で降りて、

前にお年寄りにはわからないことがあると知らないまま実家に持ち帰ってくれました.

ちょっと彷徨そんな唐突で、

簡素な家屋山而立佇む池センター屋そばの池、魚を豊かにしてください.

pと家は遠く離れたのは高山常緑樹一はしごの麦畑麦畑,

正午には風は依然として涼しい、

親友とどこまでも歩き回る.私はおばあさんの端に来て,産後瑜伽、親友の家常と私の由来を尋ねました.

p>と<私親友の一枚の小さい涼み台静かに半日の疲れを一掃し、

扇風機もないのではない、エアコンを振って大きい吹いてきて、清涼覚醒.

お昼、大きなテーブルの人がにぎやかに食事をして.私はおばあさんのそばに座っていまして、

おばあちゃんの隣に座っていまし.家族の雰囲気が打ち解ける、珍しいむつまじく互助.私はたくさん食べさせて、都会では食べられないよ.あなたは、都市はどれほどの家庭の暖かな家庭があるか?おばあさんはところてんを食べて、ところてんは壊れ物て、よくはさむ.私は彼女に碗の中にはさむように手伝います.おばあちゃんは笑う.私は祖母,小さいころ祖母家の家のことを思い出した.

今96歳の祖母は、すでに気づかない当初その彼女を手伝う薪を焼き、一緒に、はしゃぐの女の子.食事を食べて、私は友達と一緒に食器を洗いまし.おばあさんはずっと言って、どうして私に食器を洗います.ひそかに喜ぶ.おばあさんは私と一緒に服を洗って、おばあさんは笑うとキッチンを出て、外で私は甲斐甲斐しいます.心の暖暖が心に暖暖ているのだと

.おばあさんは一緒に座って、彼女の靑筋を靑筋腕を見た.私は我慢して彼女の手を握って、おばあさんは熱が熱いと感じて.手を引っ込めた.おばあさんは私の手のひらに手をかけて
.当時は心が溶けていた.

おばあさんは、おばあさんは、お友達に卵を持っていました.私たちは路上で飲んで、私たちは車に乗って、暑くないと言って、私は車に乗って、暑くない.おばあさんには熱心なことを勧められない.

エンジン起動、私におばあさん挥别.彼女は私に後に遊びに行き、私は笑ってうなずいて言った.道中、長い時間不足になっていた思い出になっていました.人の心が美しくて、涙を禁じ得ず、笑い、笑いを禁じえない.

あと、私はあなたたちの、おばあちゃん、そしておばあちゃん.

一面識のあなた.

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です