巧治鍋後遺症の産後瑜伽小さい方法

2016年3月23日 by 産後瑜伽

みんなの答えは全部食べて、たくさんの人の答えはすべて食べて火鍋です.あつあつの料理、三五の友達は囲んで、フフ、放談、すぐに放談、すぐに直哉だ.この時、漢方医の方法を採用して、あなたの不快感を緩和することを緩和します.

から気温が急降下、北風が、友人の集まり何食べたい、十中八九选鍋:辛味鍋前菜、羊肉煮る暖かい胃の肉、煮る、蛇の鍋、鶏鍋誘発味粥水鍋やわらか……家族の集まり、また簡単な料理、家族の集まり、その温情、そのにぎやかさ、すべての喜び、喜び、時間にはまだ暖かい洋洋.

鍋、喉は少し我慢できないかもしれない.喉の痛み、早く搞掂なら、以下の方法でトライしてみて―――

p>方法<いち:コガネヤナギ甘草蜜茶

程度の淺の喉の痛み、産後瑜伽、服用コガネヤナギは有効.漢方薬店まで買って少しコガネヤナギや甘草、毎回ごグラムコガネヤナギにグラム、甘草、1杯の冷たい茶を浸して、一日三杯飲み続け、簡単で効果的に.もし条件があるなら、朝使い捨てにする3杯の水の分量、魔法瓶を持ち帰って入れ、単位ゆっくりと飲んで―――は病気を治して、通勤の両立.

コガネヤナギの味がちょっと苦くて、困難の眉を入れたお茶が先に冷まし、飲む時にはちみつ小さじ1、コカまた潤して、しかも冷たい、爽やかな冷たい茶をも喉が楽になった.

は、蜂蜜のときには一定で注意して、水温に注意して、1つの言い方がある:熱湯は蜂蜜、性の熱い;ぬるま湯、生水は性寒し.鍋を食べたりと、蜂蜜時に、もちろん水で、さもなくばだけでなく、病気が治らないので、かえってまだ可能火上添油、熱に加熱だろう.

P方法2:手のひらのツボマッサージ

を喉飴、噴粉薬、冷たい茶を飲むことが多い人は今選択治喉痛いの方法.実は、手のひらのツボを押すツボも痛みます.お医者さんの紹介で、私たちの手のひらにはいくつかのツボが痛みに対しても効果的である、これらのツボは容易に探しやすい(図に示す)、その上マッサージは気楽で、また便利です.

は、人差し指と親指で親指の爪の蓋をして、左右の両脇を、左右の手で揉み、毎回20に、3分のマッサージは、3分のマッサージをマッサージします;

咽頭反射区:

で手のひらの手のひらに指掌指関節の中部の咽頭反射区、それは中指根ストライプ下約いちセンチで、押してちょっとだるくて痛くて、親指で押しじゅう度ごとに1組、両手で、毎回押しさんにご分組;

魚際:魚際のツボが探しやすいのも、それは親指の手のひらの筋肉の最高位、親指で押さえて、もし酸っぱい膨れる感じは正確になった.同じく両手でかわるがわる、10回、毎回5組、数分で完成すると.

方法>

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です