女性看護液は使用できます産後瑜伽か?

2017年5月11日 by 産後瑜伽

多くの女性のためにもっとあそこの健康、使っていくつかの看護の液体洗浄あそこ、あなたは本当に思ってこれできれいに洗いますか?実は間違いました、表明を研究して、護理液は体に害はない乱用の.どのような危害がありますか?どんな種類がありますか?p女性介護液は使えますか?

で女性看護液は祝儀小?

女性最もあそこ炎症が繁殖しやすい、とりわけ若い女性にトリコモナス性膣炎、かび性膣炎、慢性子宮頸管炎の発病率が高い.この3種の病気はすでに現在の女性の中で主要な生殖システムになって感染していた.そのため多くの女性は、多くの女性は、これは、より多くの女性が不妊症になるには,産後瑜伽、女性不妊症につながる可能性があります.

には女性は、保健のローションは1種で、良好な衛生習慣があると考えている女性が多いと思わない.推計では,わずかアメリカは約2000万の女性がよく使う保健ローション、アフリカとアジアでも普通で.では、使用保健ローションは祝儀小?これは女性達の関心を持つ問題であり、医学研究の課題.

は膣内の微生態環境

を破壊する

膣微生物菌群主に棲む膣側壁の粘膜、皺だらけで、次に膣穹と子宮頸部.健康な女性は腟の排出物の中で生き菌数は100~1億個/ミリリットル.現在公認の膣正常菌群の中で最も重要なメンバーは乳酸菌で、その数は8000万/ミリリットル、その機能は主に保護膣を受けない外来菌に襲われは腟の健康護衛から、医学的には常に膣分泌物の中の乳酸菌数量によって膣の清潔を確定する度と判断膣自己洗浄機能の良し悪し.学者よんじゅう名を調べた健康出産適齢の女性、92乳酸菌が、更年期の女性はわずか60%.膣清浄液で膣を洗い流して、乳酸菌は少なく.晒し;;;;;;;;;曝;;;;;;;;;;;;;;;;;;;最近外国学者

を分析してさんじゅう年に女性の腟洗浄の報道によると、その結果、毎週1回1回以上洗浄または者増加骨盤内感染の機会の増加、子宮外妊娠の危険、洗い流して頻繁に、骨盤の感染の危険性が大きい.アメリカ公共衛生雑誌報道によると、腟洗浄液で使用した婦人は腟洗浄液の女性の骨盤感染率が危険率が高くなったと報じた.これは、洗浄液破壊腟の自己洗浄機能により、病原菌揚げ足を取るに沿って、子宮頸の上りから子宮卵管によると、骨盤内感染.

Pが増加性感染症の発生

はは、習慣やミスリード、セックスセックスの後、女性のほとんどが水洗液で膣を洗い流し、受胎2は伝染性感染症、しかし、医学の調査結果はその逆です.インドネシアの医者は599例産前女性を分析し,その結果、経常使用洗浄液進>

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です