女性の産後瑜伽メンテナンスは年齢調整にしなければならない

2017年6月9日 by 産後瑜伽

pのメンテナンスも年齢調整.年齢によって、体の素質はとても違うのであれば、年齢によって養生方法を調整して、それではあなたの養生は不十分.今小編はみんなを连れてみると、女性は異なった年齢つまりどの方面のケア、どうするべきか.

20歳で骨は肝心な開業医提案:エリーの·カノン博士によると、この年齢は活発期女性性、子宮頸がんリスクが、25歳後1年に一度さんを検査するべき.男性の20~40代の睾丸がんが多発し、毎月は自己検査.また、照りつける性の黒色素腫を避けるために.

栄養学者提案:キャサリン·コリンズと博士は、にじゅう歳は終生骨格健康の重要な期間.昼は日焼け止めを塗るように提案して数分太陽、増加ビタミンD、あるいは毎日補充25マイクロ?グラムビタミンDが、避けることとビタミンAサプリメントと服を起こさないように,カルシウムの吸収を妨げる.脱脂や豆乳のヨーグルト、豆腐などのカルシウムを強化するために、食品を選択しても良いです.

フィットネスコーチ提案:吉利不安·リバーズデールは、毎日さん~ご組中等強度有酸素運動、毎週少なくともさんじゅう分;3組力訓練、例えばダンベルやバーベルや単平行棒などの運動で筋肉増強力,ジョギングに役立つ脚の骨の関節の活動、強い.

30歳で低カロリー食

開業医提案:もし癌の遺伝子や骨粗しょう症など家族の病歴、医者を教えなければならない.30歳の時禁煙,産後瑜伽、50歳時心臓血管疾病疾病の発病率は非喫煙者レベルに低下する.男女も体重を注目すべき、肥満は早めにダイエットして.

栄養学者提案:さんじゅう歳時は体のエネルギー消費を7%、いまのままにじゅう歳時の飲食の習慣で、きっと増えて肥満リスク.お菓子を果物に換えて、あるいはナッツ、ヨーグルト.妊娠中の女性は葉酸を補充するべきだ.

Pフィットネスコーチのアドバイス:ダイナミック自転車と循環は、心臓機能と力を増強して訓練をしています.

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です