夏季養生七類体質の産後瑜伽夏季養生法

2016年8月24日 by 産後瑜伽

漢方を人の体質は分を7種類:平と質、痰湿質、阳虚質,産後瑜伽、气虚質、貧血状態の質、蒸し暑い質、陽熱質.

1、平と質の

p> <な人、頑丈の太り具合が力強く,目が神、精力的に.養生の原則は協調陰陽、血気、代謝促進を促進する.飲食には品種上の禁忌はない.

p2、痰が湿っている

p>
<な人多い腰の腹部の肥満、身体は疲れを重いべきで気持ちいい理气を中心に養生.食に宜食は胃では、行のガス、血行をよくすることのもの、例えば陳皮、バラ、ジャスミン、サンザシなど.

三、阳虚質

このような人は寒がりで、肢体が温で、常に背中と膝関節以下の寒さを感じる.阳虚質の人はは温脾臓の腎臓、スポーツジムを中心に.ライチ、竜眼、マトンなど、温かい食べ物を食べるものがいいです、例えばライチ、竜眼、マトンなど.

4、气虚質

このような人は四肢倦怠、筋肉がふかふか、運動をしない.气虚者は脾臓を利点の肺を主として、もっと慎避難邪.食に宜食性質が穏やか、偏温泉物など、山芋、竜眼の肉、蓮子など.

5、貧血状態質

Pという人は、熱、手足の心が熱く、皮膚が弱いか、あるいは、皮膚が弱いか、という人が多いということです.養生の原則は養陰逆上をとる、鎮静を鎮め、飲食調理、心神養生を中心に.食には、温燥、激辛、味の食べ物を食べない.宜食あるもの、例えばブドウ、梨、ゴーヤ、キュウリなど.

p六、蒸し暑い質

このような人は皮膚の色が多くて黄色が多い、濁はさわやかでない感があります.養生するべきで、健脾臓が濡れる気持ちいい胆汁分泌促進を中心に.食に宜食あっさり濡れるの物、冬瓜、ニガウリ、緑豆、ハトムギの実、昆布など.

pは七,陽熱質

p>人体格丈夫な<、顔色をして、声が高い鼻息が荒い.養生する養陰を主とするべきで.食には果物野菜、特にキュウリ、ゴーヤ、スイカ、梨、リンゴ、氷砂糖など.

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です