写一首愛の産後瑜伽诗

2016年4月21日 by 産後瑜伽

酔いしれるの夜空、いくつかの星は,産後瑜伽、いくつかの星には、いくつかの星を、いくつかの星を.

そぞろから一隻双桅船

風雨狂が私の心を激している

には

は別の!改心すれば救われる

どんなに柔軟なのんびりとしているのか

Pは空の果て

では

やのあの白帆

には

はない!私は彼女と永遠に永遠に

を永遠にする私はあなたと一緒にいるすべての夜

と思っています私の胸の前には、細い手は私の胸に貼りつけている

「Pは,キラキラとした瞳がみぞおちになっている

というのはP愛!あれらの野放図の狂喜

は結局は風雨には勝てぬ日気まぐれ

は宿命かもしれない

の波

ピンクの言葉にもう口に出せない

これからあなたと他人

を見て眠り

行きたく思い出切り燭夜話夜

孤独の悲劇が繰り返して

をしてもいいですか

私も飽きた冷たい枚の板

どこに行く芳香の花びら

を探しに行きます

昨夜あなたと私はまだ夢の中で歓楽に性交

厳粛に誓う.私たちは、『風流千年と発見しました

古きを好む.絶望の中間

は自分で寝ているp>私夢<エンディングうっかり

酒を交わしながら話をする

ふくれるの唇は沸騰に浮かぶ

私の優雅な自然

は湿っぽくて,私の優雅な自然の中で鼓動しましたPは自分を慰めるために私は、心の悲しみと喜びの炎を抑えて

を抑えましたあなたの眉は曲がっている

彼はあなたのために

丹念に装い

をそもそもから着きにけり迄の未練も桃の木、くし

にはだまされていない/pあなたの愛はまた一度は躍如

というのは

歩い九月のへり、折れた双桅船

私は微笑んで涙を流しましたあなたの幸せは私が多いと言うことはありません
.p>を祈り<私

幸福、触れられない幸福、無言

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です