もともと、生活は詩の産後瑜伽中では美しくあり

2016年4月13日 by 産後瑜伽

秋風漫た滄手すり海無辺深い森低吟浅唱て、秋の笙歌、林海滟yan、波は韻を奏でる秋の若死曲、色んな一群の生息の宿鳥に伴ってて、差し迫っ欢悦の鳴き声が流れて.

は夕日斜めに、空は金色の輝きをゲルマている.リラックマて林の中の小道、秋の花が艷、芳香たけなわである.砕砕は葉、秋虫は止まない秋の韻色、人生は歌、木の林には声量、俗世の哀歓と,長い間に放鳥の気持ちを放て.芳華の夢、夢遊病のこの芳园,産後瑜伽、夕日吸うの影だます.

水増しの目の昔の浮影されて隠し、一幕一幕、会った覚えていて、まるではまた忘れた.ブランコを揺らし、手を握って鉄索,つま先をそっと揺れて、それでは熟知する感じ、幼い頃に母親をようように、快適安全.しかし、母親の銀の鈴笑いはかけがえのない.

人生もこのぶらんこだね、大ざっぱ、蕩が高くても呪縛、呪縛、最安値に落ちる.蕩が高い人に刺激されて、一抹もない、蕩が低すぎる、ブランコの楽しみを感じてる.

淡い気持ちはいつも徒感、いくつかの悲しむ.柔らかな月光が織り成すしなやかな糸と、閑散とした山と、明かりがネオン町と、私の胸の真ん中.ポットを湯に従ってお茶を入れて煮、沸騰泡で、私の心は静かで、まるで間もなく蝶のさなぎ、静かに待って、あの時の明悟 .お茶の味はないでしょう、人はすべて茶味の芳醇を言って、私は味わうのはただ1口の苦くて渋いです.

を元に、生活は美しい詩の中で、あれらの美辞麗句、あれらの混然天成の言語で、ただ生活の中の飲み物は白湯だけ、一生を飲むことができない.そんなに多くの悲しみ、そんなに多くの困惑、そんなに多いのは惜しむと恋しいと、放してまたどんなことができますか?

歩いて街が好きだ、いつも夢が不意に女の子のように、その雨巷』のように、私も渇望あの丁香女郎、純潔な愛がほしい.どのように、どのように、どのように、どのように、どのように、この1本の柳の最も柔軟なことを知っていますか?

「pは記憶、遠く.その後、気づいたのあなたが立ち去る後ろ姿もそんなに美しくて、ただ少し病的な美、痛い目の涙、涙でつきまとって、淺く歌って离歌.さすらいの髪、くれぐれも縷、私の心にとりつか.人は、心が多くて、舞台は多くて、発見して、1全体の宇宙はすべてあなたで、あなたは入って見るならば、至る所にすべて長いあずき、満天の星も相思に郵送した.

縁結びの神よ、我が手に赤い糸、一方の端に係る誰に?彼女は彼女?それからやっと発見して、は木の上で刻んでお互いの名前が指をつないだとさざれ石の巌となるまでので、木が枯れ死.

Pは尽きない、道は尽き、上品な秋、含蓄の柔らかな春を埋葬し、華々しいを埋め尽くした夏、冷たい無力の冬を迎える……

エッセー

随筆

QQ:57:57

未分類

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です